「忌中」と「喪中」の違いは?

市民ホールグループ

忌中も喪中も「身内の死に際して身を慎む期間」を指します。「喪に服す(忌に服す)」とよく言いますが、肉親や親戚の死に際し、一定期間自宅にこもって身を慎むことを「忌服」と言います。「忌中」と「喪中」は、こ...

「喪中」について

市民ホールグループ

「喪中」とは、近親者の死を悼む期間のことを言います。喪服を着て亡くなった家族の冥福を祈り、外出を避けることを「喪に服す」と言い、死後一年間は「喪中」となります。喪中の間は祝い事を避けますが、最近では中...

位牌について

市民ホールグループ

浄土真宗など一部の宗派を除いて、仏壇には故人の戒名などが記された位牌が飾られます。位牌には故人の霊が宿っており、故人の象徴とされています。そのため、葬儀が終わった後は位牌を大切に仏壇へ飾り、故人そのも...

読経とは?

市民ホールグループ

読経は住職によって仏教の経文を音読し、経典に書かれている内容を聞いて理解するという意味が込められています。読経を行うことによって、故人は現世の苦しみから逃れて成仏できると言われているため、仏教のお葬式...