【宇都宮市】家族だけの葬儀について

宇都宮市における家族だけの葬儀について

家族や親族、親しい友人・知人を中心に、小規模に行う葬儀形式のことを家族葬といいます。故人と生前に深い関わりのあった方と別れを共有することで、充実した時間を過ごすことができます。「家族葬」にははっきりと...

宇都宮市における家族葬の費用について

家族葬の費用について

家族葬とは、故人の家族や親しかった友人の少人数でコンパクトに行う葬儀です。最近では、コロナウイルス感染拡大防止の観点からも注目を集めるようになり、各葬儀社でもプランが出ているのでご存知の方も多いのでは...

宇都宮市の家族葬の流れをご紹介

宇都宮市の家族葬の流れをご紹介

宇都宮市で行う家族葬について 身近な方がご逝去された際、何をすれば良いのか分からない、どこに連絡すれば良いのか分からない等のお声を沢山いただきます。今回は、中でも今注目を集めている「家族葬」について...

第2回人形・遺品供養祭を開催しました。

令和3年4月29日に川田市民ホールにおいて僧侶を招いて人形供養祭を開催しました。この日まで駒生市民ホール、川田市民ホール、鹿沼市民ホール緑ヶ丘邸において、地域の皆様から、愛情を注いできた人形・ぬいぐる...

「忌中」と「喪中」の違いは?

市民ホールグループ

忌中も喪中も「身内の死に際して身を慎む期間」を指します。「喪に服す(忌に服す)」とよく言いますが、肉親や親戚の死に際し、一定期間自宅にこもって身を慎むことを「忌服」と言います。「忌中」と「喪中」は、こ...

「喪中」について

市民ホールグループ

「喪中」とは、近親者の死を悼む期間のことを言います。喪服を着て亡くなった家族の冥福を祈り、外出を避けることを「喪に服す」と言い、死後一年間は「喪中」となります。喪中の間は祝い事を避けますが、最近では中...