極楽浄土とは②

市民ホールグループ

私たちは死者の霊魂が成仏するように願って仏事を行いますが、「成仏」というのはその言葉のとおり「仏に成る」という意味です。浄土宗を始めとする大乗仏教では、阿弥陀仏を信じて念仏を唱えれば死後に極楽浄土へ行...

極楽浄土とは①

市民ホールグループ

仏教に限らず様々な宗教で死後の世界があると考えられていますが、死後の世界にはいわゆる「天国」と「地獄」があるとされています。生前の行いによって天国に行くか地獄に行くかが決まると言うのは多くの宗教で共通...

野辺送りとは

市民ホールグループ

葬儀のあと、遺族や参列者が葬列を組んで死者を火葬場や埋葬地まで送っていくことを「野辺送り」といいます。時代劇などで野辺送りの光景を見たことのある人もいると思いますが、ここで言う「野辺」とは、墓地のこと...

箸渡しって何?

市民ホールグループ

みなさん「箸渡し」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは、火葬後に骨を拾う際に行う儀式のことを指します。「箸」「渡し」という言葉の通り、箸を使ってお骨を骨壺へ入れていきます。仏教では、人が亡く...

韓国の葬送文化

市民ホールグループ

日本から一番近い国、韓国。遠い昔から、文化的にも政治・経済的にも、私たちの国と密接な繋がりを持っていますが、意外と知られていない伝統的なしきたりが残っています。 韓国を訪れてまもなく気付くのは、...

なぜ塩で体を清めるの?

市民ホールグループ

葬儀の会葬御礼に「清め塩」が付けられていることがありますが、清め塩は、もともと神式の葬儀で用いられました。神道では死を穢れ(不浄)とみなすため、この穢れを祓う目的で、塩を使って体を清めます。なぜ塩が体...

お盆『迎え火』と『送り火』のやり方

市民ホールグループ

【準備するもの】 まずは、迎え火と送り火を焚くために必要なものから見ていきましょう。使うものは焙烙(ほうろく)と呼ばれる素焼きのお皿と、おがらと呼ばれる植物の麻の茎の部分で皮をはいだものです。お...

『のし紙』の書き方と選び方

市民ホールグループ

のしは本来不老長寿の象徴としておめでたい席で使用されていたものですが、弔事でもマナーとして用いられるようになりました。弔事だからとのしを付けずにお供えすると...